グラトリンは本当に効果があるのか!?

グラトリンはシトルリンとエイセニア・フェティダを素に開発されたペニス増大サプリメントです。

以下にポイントとなる特徴をまとめてみました。

★一番に女性をセックスで満足させることをコンセプトに設計され、開発されたサプリメントです。

★モニターテストでは93.3%の方が増大効果を実感

★新成分であるエイセニア・フェティダをペニス増大業界では初めて採用した

★シトルリンとエイセニア・フェティダをベースにその他14種類の有効成分を配合

★1箱6,400円と大変リーズナブル

グラトリンがもたらすペニス増大のメカニズム

ペニス増大メカニズムをポイントでご紹介します。

①シトルリンやエイセニア・フェティダの相乗効果により血行促進効果

②14種類の有効成分と成長ホルモンがペニスの海綿体組織に行き渡る

③ペニスの海綿体の細胞増殖が活発化しペニス増大しやすくなる

以上が成分を元に分析したペニス増大のメカニズムです。

細かい成分に関しては下記にて解説していきます。

グラトリンの成分を徹底分析

グラトリン最大のポイントがL-シトルリンエイセニア・フェティダの相乗効果です。

この組み合わせは他の増大サプリにはない組み合わせとなっています。

 

 

『L-シトルリン』

シトルリンは一酸化窒素により血管を拡張させ血流を促進する効果があります。

それに伴い動脈硬化の防止や免疫力向上などの健康面にもいい効果が確認されています。

 

『エイセニア・フェティダ』

エイセニア・フェティダとはシマミミズの一種を粉末状にしたものです。

シマミミズは漢方大国中国では漢方薬として認可されており、漢方としてとても歴史があります。

血栓による血流不全を解消し、健康的な血管と血液の流れを作ります。

エイセニア・フェティダはシトルリンとの飲み合わせで相乗効果を発揮します。

シトルリンで血管を拡張して血栓解消で血行促進が加速します。

 

『マカエキス』

ペルー原産の根野菜です。

豊富にアルギニンを含み注目の成分です。多くの精力剤や栄養ドリンクなどに配合されており、日本でも馴染み深い成分です。

ミネラル成分や必須アミノ酸が含まれる栄養成分が豊富であることから別名「完全な野菜」と称され、数多くの各国の方々からサプリメントとして摂取されています。

 

『すっぽん粉末』

日本古来よりおなじみの滋養強壮といえばすっぽんでしょう。

すっぽんには大変豊富なアミノ酸やビタミンB群が含まれています。

植物油にも多く含まれるリノール酸を豊富に含み、血中のコレステロールや血圧を下げ、健康な血を生成してくれる役目もあります。

 

『パフィアエキス』

パフィアは南米に生息する植物です。

根の部分が原住民の間で民間療法として使われてきました。

パフィアの根には豊富なサポニンが有されており、サポニンの強い抗酸化物質による細胞の老化を抑制する働きがあります。

他にもパフィアには植物ステロイドが有されており、体力増強作用があるといわれています。

旧ソヴィエトでは今でいうところのドーピング的な使用方法で使われていました。

 

『ムクナ粉末』

ムクナは種の部分がサプリメントに利用されています。

豊富な必須アミノ酸が含まれていることでも有名です。

ムクナは青背魚などの栄養価が高い食べ物に劣らないほどアミノ酸を含んでいて日本でも江戸時代には栄養食材として食べられていました。

インドの医学書に載るほど古くからその効果は実証されてきております。

 

『サソリ』

ミネラルが豊富なサソリは特に亜鉛の成分量が注目を集めています。

亜鉛は精子の原料となることであったり細胞分裂に欠かせないミネラル成分であることからセックスミネラルとも呼ばれています。

特に男性の性機能をサポートしてくれる点でもペニス増大に効果があるといえます。

 

グラトリンはペニス増大に効果があるのか?検証結果

グラトリンの有効成分を検証してみた結果

「グラトリンは血行促進効果がとても期待でき、年齢の高い方でも効果が期待できる」

ことがわかります。

 

グラトリンでポイントとなるのがやはりシトルリンとエイセニア・フェティダによる相乗効果です。

 

他にもムクナやマカ、パフィアなどの生息地各地で古くから精力剤として利用されているものを配合しているのでペニス全体のサポートをすることが可能だといえます。

 

また、コンセプトにもあるように女性を満足させるということで勃起力や精力を増強しつつ、ペニスを強くするという2本柱が可能となるペニス増大サプリといえます。

 

コストパフォーマンスも充実していて、1箱6,400円でこの内容の有効成分ではかなり格安です。

初めてのペニス増大サプリに挑戦される方にはリスクが少ないのも選ぶポイントではないでしょうか。