ペニスを効率的に伸ばす方法

ペニスが短くて気にしている方が多いようですが、ペニスを伸ばすことは本当に可能なのでしょうか!?

 

宣伝や広告などで10cm以上伸びたなどと掲げているのは見かけますが、このような大きな変化は誇大宣伝である可能性が高いです。

 

一般的に考えればわかると思いますが、1ヶ月2ヶ月という短期間で10cmも伸びるわけはないのです。
成長期なら別ですが、すでに成長期を終えた成人男性やご年配の方ではこのような急激な変化は望めません。

 

しかし、堅実に取組していくことで、数センチ程度なら伸ばすことは十分できるです。

 

ペニスが小さい、短いと気にしている人のほとんどはペニスが体内に埋もれている可能性が高いです。

埋もれた部分を引っ張ることにより、ペニスを伸ばすことができます。

もちろんすぐに結果が出るわけではないのですが習慣的に継続的に行っていくことにより、確実に伸びてきます!

 

大きくペニスを伸ばす現実的な方法としては3つの方法があります。

  1. 一つは今言ったような埋没陰茎を引っ張り出す方法です。
  2. 二つ目はペニス増大器具を使用して、細胞分裂を促すして大きくする方法。
  3. そして三つ目はペニスの海綿体を大きくする方法です。
埋没陰茎を引っ張り出す方法

ペニスと言うのは靭帯という筋肉で支えられています。

この靭帯が何らかの要因で体内にめり込んでいるとペニスが伸びなくなっているので、自力で引っ張るとペニスを伸ばす(引っ張り出す)ことが出来ます。
かなり時間がかかりますがコストがかかりません。

手術をしたときのようなセックスができなくなるということもなくなります。

 

毎日セルフでペニスを伸ばす事によって、力いっぱい引っ張るなどの強引なやり方をしなければ高い効果が見込めます。
セルフで毎日はちょっと続きかないという方は専用の引っ張り出す牽引器具という器具もあるので、常に一定の力で長時間無理なく続けることが出来ます。

 

この方法は引っ張った合計時間で効果の度合いは決まります。

セルフでやるよりは器具を使用した方が楽に効率的に行えると思います。
デメリットは家でしか出来ないということですが、外でも着用して出歩けますがトイレが困ります。

あとは器具を着用しているところを見られると非常に恥ずかしので器具を着用する場合は彼女には決して見せられないですね。

 

筋肉を引っ張る為、効果が現れるまで個人差があります。
時間に余裕がある方やコストをかけたくない方には向いているでしょう。

細胞分裂を活発化させる方法

ペニス増大牽引器具を装着していると海綿体の細胞分裂が活発化され頻繁に細胞分裂を繰り返すことになります。
その結果、だんだんとペニスが伸びていくと言う方法になります。


この引っ張る作業には相当の根気が必要になると思います。

成果としては実際に細胞自体が増えるのでかなり長くなることが期待できます。

 

海綿体を拡張して大きくする方法

ペニスは海綿体と言う組織があり、この海綿体に血液が流れこむことによってペニスが勃起します。
この海綿体が拡張することにより、勃起時の硬さや長さ、太さが決まってきます

 

海綿体という組織は一度拡張されるとその限界まで血液が流れる仕組みです。
なので、血液量を増やすことができればペニスも伸びるのです。

 

自分でトレーニングするには幾つか方法があります。

ローションを塗って体側から亀頭に向かって血液を絞り出すイメージで行うと良いです。

 

  1. 軽くオナニーをしペニスを半勃起にします。
  2. 人差し指と親指で輪を作り、ペニスの根本を軽く圧迫します。
  3. カリの部分までゆっくりと血液を流し込むようにスライドしてきます。

 

 

このような方法を試みる前にペニスが伸びる原則をしっかりと理解しおくと良いです。
間違った方法を行うと大きくなるどころか逆に全く勃起しなくなるという状態もあります。